〒561-0884
大阪府豊中市岡町北1-2-4

TEL:06-6841-5720

●営業時間

[平日]
9:00 〜 20:00

(最終受付19:00)

[土日祝]
8:00 〜 13:00

(最終受付12:00)

●定休日

毎月第4木曜日 年末年始

※毎月第4金曜日

13:00〜16:30 休館

肩甲骨を動かそう!!

寒さが厳しくなるこの時期、寒いからといって家の中でじっとしていたりすると体中が重く感じるようになります。また寒いことで体を丸めて生活してしまい、身体の調子を崩しやすくもなります。
今回はそんな寒い季節に生じやすい、肩こりを改善させるための肩甲骨についての話です。

肩甲骨とは?

肩甲骨は背中の上外側にある左右対になっている骨です。
肩甲骨には頚を支える筋肉や、肩を支える筋肉など多くの筋肉がくっついています。それらの筋肉のバランスが崩れると、肩甲骨の動きが悪くなったり、肩甲骨の位置が正しくなくなったりして、頚部に痛みが出たり、肩に痛みが出る原因になります。

肩甲骨の基本の動き

肩甲骨は背中にある骨なので、どのように動くのか自分ではわかりにくい骨です。そこで今回は肩甲骨がどのように動くのか見てみましょう。

肩甲骨には6つの動きがあります。

上下 : 挙上(真上に上げる)、下制(真下に下げる)
上下 : 挙上(真上に上げる)、下制(真下に下げる)
左右 : 外転(外側に広げる)、内転(内側に寄せる)
左右 : 外転(外側に広げる)、内転(内側に寄せる)
回す : 上方回旋(内側から上に回転)、下方回旋(外側から下に回転)
回す : 上方回旋(内側から上に回転)、下方回旋(外側から下に回転)

特に大切な動かし方

肩こりが起きやすい方や頚部、肩に不調を訴える方が動かしにくい方向があります。それは、『内転(内側に寄せる)』『下制(真下に下げる)』。この2つの動きを行いやすくするための体操をご紹介します。

まずは動かしやすいようにストレッチを行います。

首を横に倒す
首を横に倒す
首を斜め前に倒す
首を斜め前に倒す
胸を広げる
胸を広げる

では、実際に動かしていきましょう!!

 

♢ 内転(内側に寄せる)

1. 手を顔の前でくっつける

2. 肩甲骨を内側に寄せる

♢ 下制(真下に下げる)

1. 手を上げる

2. 肩甲骨を下に下げる

*注意点: 肩甲骨を下げた時に肩がすくまないようにしましょう。

もっと詳しく知りたい方、運動に興味がある方は施設見学・無料体験ができます! ↓↓↓