〒561-0884
大阪府豊中市岡町北1-2-4

TEL:06-6841-5720

●営業時間

[平日]
9:00 〜 20:00

(最終受付19:00)

[土日祝]
8:00 〜 13:00

(最終受付12:00)

●定休日

毎月第4木曜日 年末年始

※毎月第4金曜日

13:00〜16:30 休館

冷え性について

寒い日が続いています。この時期になると手足が冷えてなかなか暖まらない方も多いと思います。女性はもちろん、最近では男性の冷え性の人も多くなってきているようです。
今回は冬を暖かく過ごすために、冷え性の原因と対策について紹介します。

冷え性とは

足などの末梢血管が収縮して血流が悪くなっている状態です。手足がかじかんだり、ひどい場合はしもやけになってしまうことがあります。ただし冷えているのは身体の末端の部分なので、体温を測ると正常であることがほとんどです。実際の暑さ寒さにも関係なく、真夏でも冷えを感じることがあります。


冷え性の一番の原因は生活習慣にあると考えられています。そのうちの一つが運動不足です。血管は周りの筋肉が収縮するポンプ作用によって、血液を心臓に送り返しています。運動不足になると、血液循環が悪くなって冷えを感じてしまいます。また熱を生産する筋肉の量も減ってしまうので、体温を保つことができなくなります。

タイプ別 特徴と原因

※あくまで一つの分類方法です。他にも色々な分類があります


タイプ① 末梢血管収縮型~外から冷え~

特 徴:手足などの体の末端の冷えが強い。首の後ろがゾクゾクする。トイレが近い「手足が冷える」と自覚していることが多く秋~春の寒い時期に症状が出る。


原 因:冷房による刺激で末梢血管が過剰に収縮→血液が末端まで運ばれない

タイプ② 内蔵温度低下型~中から冷え~

特 徴:体がだるい。下痢・食欲がないなど夏バテの症状。汗かきや顔がほてりやすい。手足はあたたかくても、深部温度計で内臓の温度を測ると冷えている。


原 因:内臓温度が低くなり、血流が悪くなる→内臓の働きが悪くなったり、免疫力や代謝の働きが衰える


タイプ③ 次世代型(皮膚温度上昇型)~冷えから病気に~

特 徴:平熱が36度以下の低体温の人が多い。手足の温度は高いのに、本人は「冷え」を感じるという不思議な冷え症。夕方に足に浮腫みが見られるなど。また、リウマチや膠原病などが隠れていることもある。


原 因:自律神経の乱れにより末梢血管が広がり、熱を放出するために、「寒さ」を感じる。

対処法

体操

手足首、腕や脚の運動
 ふくらはぎなどのポンプ機能を活発にして、全身の血行をよくする。
(例:手足のグーパー、腕・脚のストレッチ、腕・脚などの筋力トレーニング、歩行など)

かかと上げ 15×2セット
かかと上げ 15×2セット
手の指股しごき体操 20回×2セット
手の指股しごき体操 20回×2セット
足指グーパー 20回×2セット
足指グーパー 20回×2セット

食べ物

「冷え性(冷え)改善の栄養素」である良質のたんぱく質、鉄分、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB群(特にB1,B2)を多く含む食品を積極的に摂取する。

少なくとも不足しないように気をつける。ちなみに白砂糖や暖かい地方や国でできたもの(コーヒー、バナナなど)は体を冷やす作用があるので摂りすぎには気をつけましょう。

(例:しょうが味味噌汁、にんじんたまねぎスープ、にらスープ、しょうが入りココアなど)

入浴

入浴や足浴に一工夫!
 入浴や足浴時、体をより温めてくれるものを入れてみる。
(例:みかんの皮、日本酒、牛乳、あら塩、ウーロン茶、酢、にんにく、トウガラシなど)

低体温症に注意!

冷え性とよく間違えられやすいのが「低体温症」です。低体温症は末端だけではなく、体温自体が低い症状を言います。

わきの下で体温計を使って測定したとき、一般的には36.5度前後が「平熱」と言われています。この温度が、体内の酵素をもっとも活性化させ、細胞の新陳代謝を活発にさせます。これより低いと、免疫力や基礎代謝の低下が起こると言われています。
低体温症の原因も生活習慣であることがほとんどです。特に食生活の乱れや無理なダイエットによるビタミン、ミネラル不足が主な原因であると言われています。

★冷え性は肩こりや腰痛、生活習慣病などのあらゆる病気になる可能性があります。体質だから・・・と諦めずに、いろいろな方法を試してみてください。

もっと詳しく知りたい方、運動に興味がある方は施設見学・無料体験ができます! ↓↓↓